背番号22 浅野祥男です!

Pocket

背番号22 浅野です。

後期シーズンはあと1勝していれば優勝ということもありまして、たらればで自らのミスを悔やんでおります。

1年間を振り返って、苦しい時の方が多かったように思います。そんな中でも松本さんが最多勝、平良さんがセーブ王を獲得したことは僕にとってもうれしさがあります。本当は嘉数さんにも防御率1位のタイトルを取って欲しかったのですが、やはり疲れが出てくる後半戦ででうまくリードできずに失点を重ねてしまったので、嘉数さんの助けになれなかったと反省しております。

さて、今回のテーマは『最強飯』ということなんで話を進めていきたいと思います。

僕は食べることが大好きなんです。
部屋にいると何かしら食べてます。
特に眠い時には無意識レベルでつまんでます。
そのせいか、宮下に「マシュマロボディ」と言われる成長ぶりを見せております。

はい、痩せます。

主原因は炭水化物摂取量が多いことにあると考察しており、現在は米を半分にしてキャベツの千切りをかわりに食べています。

では、なぜ米の摂取量が多くなってしまったのかというと理由が3つあると考えます。

1.萩原前コーチの影響
「おまえらは体が小さいから、食って練習して食うんだ」という教えの元、おかずと米を大量に食べていました。

2.ラシィナとジョナタンが食べない
僕の部屋にいたアフリカ人とブラジル人も一緒にごはんを食べて増量計画(夜ごはんは3人で9合)をしていたのですが、お腹いっぱいになって残したり、ごはんをよそう時に僕のだけ多くしたりします。それらを食べていた結果、一番増量しました。

3.調理レベルが向上して、ごはんが進むおかずが増えた
レパートリーも増えたりして、味付けも多種多用なものを作ることができるようになってきました。クックパッドのおかげではあるのですが。いろいろできるようになってもかなりのヘビーローテションでお世話になっている最強飯ではなく【最強缶】は創味シャンタンです!
缶にも書いてあるように中華万能調味料で、これさえあればおかずから汁物まで様々な料理ができちゃいます。
休みの日は特にやることもお金もなく暇なので、この最強缶と炊飯器を使って巨大肉まんを作ってみました。

今後は物も使いようということで、「シロブタ!」とラシィナ(黒糖かりんとう)に言われないよう適度な量で最強缶を使っていきたいと思います。

img_0037

img_0030

img_0063


背番号22 浅野祥男です!

Pocket

背番号22 浅野です。
なかなか勝てない日々が続いており、ファンの方々には本当に申し訳なく思っております。

さて、今月のテーマは『高知』ということで進めていきます。
「高知の印象はいかがですか?」とイベントなどに行くと尋ねられることが多いのですが、1年目からずっと「水がきれいなところです」と答えてきました。
というのも、水質日本一と言われる仁淀川が本当にきれいと感じていたからです。
愛媛に遠征するときは仁淀川沿いの山道を通るのですが晴れの日だと仁淀ブルーと言われる、青く輝く川が見えていました。

そんな仁淀川の上流に行ってみようということで、明石トレーナー・新入団の深江さんの昭和生まれコンビとともにお出かけをしました。
ネットで調べてみると、いの町の山奥にある「にこ淵」というところがいいということでした。
その時の写真がこちらです。

IMG_0027
IMG_0026
IMG_0028

見事に青く輝いていました。
駐車場から結構過酷な崖っぽいところを下っていくので、サンダルはやめといたほうがいいと思います。
しかしみなさん、ぜひ足を運んでみてくださいね。


背番号22の浅野祥男です

Pocket

背番号22 浅野です。

雨が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

高知残留組は試合もないので、トレーニング系を中心とした練習を、駒田監督の応援を受けながら日々食らいついている毎日です。そして、そんな僕らをいじめるメニューを考えているのは明石トレーナーです。

今月は、日頃の感謝と愛を込めて『明石迪治トレーナー』についてご紹介します。

ちなみに下の名前は みちはる です。あだ名で呼ぶことは禁止されています。

1987年7月7日生まれの28歳です。年齢よりも若く見えると自他共に認めています。僕が中学生でもいけますよ、というとちょっと怒ります。ただ、お風呂で体を洗うときの後ろ姿はおじいちゃんという報告もあります。

現在、おそらく彼女募集中(好きな芸能人はsuperfly)。

好きな食べ物はオムライスです。日高村のオムライス街道を全店制覇する日もそう遠くはないでしょう。

試合の日は必ずエナジードリンクを飲んで気合いを入れます。

高校の先輩は吉田豊彦コーチです。つい先日、吉田コーチ直々にカーブを伝授してもらい習得に励んでおります。しかし、投手のキャッチボール相手をしたり、僕との練習によって肩の疲労がピークとなっており、痛みを訴えています。

また、トレーニング中の投手陣を身を挺して打球から守ったり、井坂投手のカーブ取り損なったりしていつも右足首を負傷しております。サッカーの素質があるかもしれません。

髪型は短髪で、みんなから坊主と言われても認めません。1ヶ月に1回は散髪にいっており、美容師から「切るところがあまりない」と言われた逸話を持っています。

信条は「平和主義」と「本物志向」。ただ、高知に来てからは金銭面を考慮し、某100円ショップを利用することが増え、本物志向の明石は崩れつつあります。

ストレス解消法は休日にバッティングセンターに行くこと。一緒には行かせてくれません。

よく紛失するもの ホイッスル。

まだまだ紹介したいことは山ほどありますが、本人のプライバシーを考え、このあたりでやめておきます。

選手のみならず、「成長率はチーム1」を自負する明石トレーナーも応援よろしくお願いします。

そんな明石トレーナーといつも用具車に仲良く並んで乗る浅野選手です。(球団スタッフ)
そんな明石トレーナーといつも用具車に仲良く並んで乗る浅野選手です。(球団スタッフ)

背番号22の浅野祥男です

Pocket

背番号22 浅野です。

前期シーズンも終盤に差し掛かりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

最近では、ナイターゲームでも半袖でないとダメなくらい暑くなってきています。年末年始は仙台に帰省しなかったので、少しくらいは高知の暑さに負けない体になっているかもなとは思ったのですが、全然変わってませんでした。

さて、今月もフリーテーマということで『回転寿司』について話を進めていきます。

先日、我が家のアフリカ人が初回転寿司を経験したのです。

部屋の中を掃除していたら、いつかのバイト代3000円が発掘されました。以前から、寿司が店の中を回っているという嘘みたいな話をラシィナにはしていたので、「この金は寿司に行くために出てきた金だ!」ということで行くことにしました。

入店すると「ウワァ」と小さい声でつぶやいていたのを覚えてます。

ただ、刺身以前に、海がない国から来ているので、魚の種類がわかりません。どうするのかと見ていると、エビを発見してニヤニヤしていました。その後はエビとサーモンと「ウマっ」「タノシイ」の繰り返しでした。ラシィナはあまり冒険をしないタイプのようです。

とは言っても、2人で3000円だと1人15皿なのでちょっともの足りません。初回転寿司でも「マックス マデ タベタラ オカネ ヤバイ」とわかったようで、10皿食べた後に隣のうどん屋に行くことにしました。

生魚にも動じないところがすっかり日本人化していますね。(担当スタッフ)
生魚にも動じないところがすっかり日本人化していますね。(担当スタッフ)
さすが食べ盛りのスポーツ選手です。どれだけ食べれるか試してみたい気もします。(担当スタッフ)
さすが食べ盛りのスポーツ選手です。どれだけ食べれるか試して見たい気もします。(担当スタッフ)

回転寿司にまつわる話は他にもありまして、実は学生時代に某回転寿司チェーンで長い間バイトをさせていただいてました。

バイトの理由としては、最初は原付バイクを購入したい一心で働いていました。また、バットが折れるなど新しい道具を買う時の資金として。それと、学生の時は飲み会などがだいぶあり(これがメインだった?笑)、さすがにそういうところで親のすねをかじりたくなかったので…

僕の働いていたお店では、土日だと1日に100万円以上売れたりしていました。単純に計算しても1日10000皿以上は作っていて、またそれを洗っているのです。しかし、かなりのハイテク化が進んでおり、一応人がついていないといけないのですが、寿司の皿を洗う専用のマシン(ルーキーの仕事)があったり、シャリを作るロボット(かなり優秀)、巻き寿司を作るロボット(操作が難しい)などがいました。僕の仕事といえば、皿を移動させたり、シャリにネタをのせるといったものが主です。あと、ネタが冷凍保存されているところで在庫整理するのも僕の仕事でした。マイナス20度くらいの部屋に1時間入りっぱなしだったのですが、寒いんで歌いながら紛らわせてましたね。

バイトなのに結構楽しかったので、みなさんもいかがでしょうか?

今年いい経験が出来ているのか、自信がうかがえるいい表情ですね。(担当スタッフ)
今年いい経験が出来ているのか、自信がうかがえるいい表情ですね。(担当スタッフ)

背番号22の浅野祥男です

Pocket

背番号22 の浅野祥男です。

熊本を中心とした九州地方で大きな地震があり、ソフトバンク3軍戦が中止となった帰路でダイアリーを書いています。まずは今回の地震で被災された皆様、関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

僕自身も5年前の東日本大震災時には仙台にいたので、震度6レベルの地震を経験しています。やはり、あの地震で大きな被害をもたらしたのは津波だったと思います。津波での宮城県の死者・行方不明者数は合計で1万人を超えると言われています。学生時代のチームメートの中にも、家が流されてしまった人や家族を奪われた人もいました。

そのような状況の中で、停電・断水・食料の調達困難などありましたが、家も被害を受けずに済んだ僕には被災者であるといった自覚はありません。

しかし、被災県から西日本に来てみると、東日本大震災への感覚に温度差を感じます。なんとなくではありますが、遠い国で起きた地震に対する感覚に似ているのかもしれません。

ただ、宮城県内でも津波被害の有無で温度差が生じていたところ正直あったと思います。

教育大学に通っていたということもあり、震災を経験していない世代の子どもたちにも伝えられるようにと、様々な映像や体験談を聴くことがありました。津波被害があった場所へ行くこともありました。また県内のテレビ番組でも、震災を伝える番組が数多く流れる中で、僕自身の意識も変わっていったような気がします。

そして今、高知こそ危機感を持っていくべきだと感じています。

南海トラフ地震発生3分以内に津波がやってくるという情報もあります。高知市内でも危険なところが多いと思います。やはり、日頃から避難する高台をチェックしておくことと、少しでも津波が来そうなら逃げることが大切になってくると思います。体験談や映像を見ると、か想像をはるかに超えるものが来るようです。

また、津波の被害がなくても、ライフラインが機能しないこともあります。食料でいうとスーパーが閉鎖されたり、再開されたとしても1人5品までと購入制限されたりもします。地震発生から1週間以上たってもお米5キロを買うのに2時間並んだりもしました。

日頃からの備えと危機意識が重要です。

今回の熊本の地震を機にもう一度、僕を含め高知県民も防災について考えていく必要があると感じました。

浅野選手の人柄が良く表れているダイアリーですね。(担当スタッフ)
浅野選手の人柄が良く表れているダイアリーですね。(担当スタッフ)

背番号22浅野祥男です

Pocket

背番号22 浅野です。

皆様、日中暖かい陽気ですがいかがお過ごしでしょうか。僕はもうすでに半袖で練習したいところですが、今からやってしまうと夏場もたなくなりなので、もう少し我慢しようと思っております。

さて、今月は球団からフリーテーマでとのことだったので、

『みんなの知らない キャッチャーグッズの世界』

をご紹介したいと思います。(僕が大好きな某番組のタイトルによせてみました)

Chapter1 暗いとこでも、これで安心!?のマニキュア

キャッチャーにマニキュア?となると思いますが、意外と重要なのです。

AsanoMar1

このように投手にサインを送る際に見やすくするために使います。

四国アイランドリーグで使用する球場は、ナイター照明が暗い球場がほとんどで、キャッチャーからのサインが見えづらくなることが多いそうです。そんな中で、活躍するのがマニキュアです。

僕が使用してきたのは3種類です。

AsanoMar2

実は色がとても重要です。

人気があって、よく使うのは白です。白は一番目立ちやすい色なので投手から好評です。ただ、ユニフォームのズボンの色も白なのでかぶって見にくいといった苦情も寄せられています。

次に黄色ですが、これは完全に失敗した買い物でした。目立つように見えますが、指の色と似てるので意味がないと言われました。

これら2つの色にも勝てる蛍光色のマニキュアがほしいと思ったので、先日購入したのが右側のものです。

しかし塗ってみると意外にも地味目な色なので平良・嘉数投手からダメ出しを食らいました。

AsanoMar3

このダイアリーを書いてるうちに、白と蛍光ペンのインクのミックスならいけるのではないかと思ったので試してみようと思います。

Chapter2 必要不可欠‼︎ファウルカップ

AsanoMar4

ファウルカップとは、これのことです。

男性の大切な部分を守る、とっても大事なものです。キャッチャーをしていると、投球のワンバウンドや打者のファウルチップなど様々な場面で股間を狙われることがあります。男性の方はお分かりだとは思いますが、股間直撃の痛さはとてつもないものであります。

よく聞かれる質問に「やっぱつけてると痛くないの?」というものがありますが、答えはNOです。イメージとしては、つけていない状態で一点集中だったものが、ファウルカップのヘリ部分に分散される感じです。

まあ、痛いものは痛いです。

実は昨年、こんな事件がありました。

対 香川戦

投手は広島カープからの派遣選手 ベニテス。ドミニカ人の彼は150キロ超の速球を投げる投手です。

打者は香川の伊東。

あの時のベニテスは調子が良かったので、ストレートで押していっていました。そんな中、伊東がファウルチップを打ち、僕の股間にクリーンヒット!その場ですぐに悶絶です。これはかなり痛いやつだと思い、審判にちょっと時間くださいと言って待ってもらっていたのですが、痛みがひかないのでそのままやることにしました。今までで一番痛いな。チェックしようと思って、見てみたら…

AsanoMar5

割れてる!!!

さらにチェックしましたが、血が出てなかったので安心しました。刺さっていたらかなり大変なことになっていたと思います。

ただ、帰宅後にシャワーを浴びるときに、何がとは言いませんが、内出血してました。

どうすればいいのか全くわからなかったので、トレーナーにLINEすると

「アイシングしといて笑」

1発目の小は恐怖でしたね。正常に出ましたけどね。

その後に購入したのが、冒頭のカップです。だいたい1000円くらいなのですが、今回は3000円もする頑丈なものにしました。

もう、あんな思いはしたくないので。


背番号22の浅野祥男です

Pocket

背番号22 捕手の浅野です。

だいぶ遅いですが、今年もよろしくお願いいたします。

新しいチームとなり、駒田監督の指導のもと、みんなで盛り上がっています。駒田監督は僕らにこう言います。

「おまえら子どもの頃にベイブレードで遊んだだろ?友達に勝ちたいって思ったらベイブレードを改造して強くするだろ?そんなことしてたら、いつの間にか日が暮れてるんだけど、まだまだやり続けてただろ?野球もそれと同じなんだよ。野球も楽しくなってくるだろう。」

昨年までの自分を振り返ってみると、ちょっと窮屈な中でやっていたなと感じます。野球が仕事となった以上、楽しんでやるのはもう無理なのかなと思っていました。というよりも、できないことが本当に多く、余裕がなかったというのもあったと思います。

駒田監督の言葉から、野球って上手くなっていったら楽しいって感じるという、当たり前のことを再確認させられ、勝呂コーチにアドバイスいただきながら楽しく研究に励んでいます。

ただ、僕にとって一番不足していた点「プロとしての自覚、厳しさ、責任感」を指導していただいたのは、昨年までの弘田監督、萩原コーチです。弘田監督は「あえて、お前さんたちの心にグサッとくるようなキツイ言葉をかけてんだよ、こっちは!」と、妥協を許さない厳しい姿勢で指導してくださりました。萩原コーチからも、野球の基礎から徹底的に教えていただきました。

あまりにグサグサきすぎて折れかけましたが、昨年の後半にやっと言われたことが少しだけできたかな?という手応えがありました。お二人には進歩が遅いと言われますが、昨年までの教えも忘れずにやっていきたいと思います。

さて、出だしが長くなりましたが今月のテーマは『オフの過ごし方』です。

昨シーズンは身体は強くなったと言われたのですが、技術が追いつかずに終わってしまったので、身体を鍛えつつ、技術練習に重点をおくことにしました。

僕の実家は仙台にあります。

前回のオフで帰省した際には、雪でグランドが使えない状態が多くありました。また、実家に現在、車がないので、移動手段が自転車しかなく、練習に行くのも大変だなと思っていました。その上、帰るにも仙台までは距離があるので、金銭面の問題もありました。

そこで今年は、「高知で自主トレ」という考えに至ったのですが、年に一度くらいは顔を見せないと母親が息子を恋しがるかなという思いもありました。きっと帰ることになるんだろうな、と考えながらも久しぶりに電話してみたら、即答で「どっちでもいい!」との返事が。このあと、僕は高知で年越しすることになります。

LGツインズのキャンプ補助や球団イベントの参加などでお金を稼ぎながらトレーニングをしました。

それらも落ち着いたのが12月で、集中的にやるぞ!となったのですが、昨シーズン末に痛めた右肘が完治していなかったので、スローイングとバッティングの練習ができませんでした。

そのため、マシンを友達にキャッチングとフットワークの練習をひたすらやりました。寮にもグランドにも人がいなかったのですが、いつもと違った雰囲気で集中して練習できました。

今年の捕手はかなり競争が激しいポジションです。それを自覚しているのか、毎日集中して練習に励む姿が印象的です。(担当スタッフ)
今年の捕手はかなり競争が激しいポジションです。それを自覚しているのか、毎日集中して練習に励む姿が印象的です。(担当スタッフ)

ここまでだと、寂しい男だなと思われる方が多いと思いますが、実はそうではなかったのです!

僕の事を不憫に思い、越知町のたくさんの方々がお食事に誘ってくださったので、とても充実していました。特に元日には、お昼から夜中までお酒をいただきながら、豪華なお食事と楽しいお話をたくさん聞きました。

そんな中でよく言われるのが、もっと勝ってくれという言葉です。

ホームタウンの佐川町・越知町のみなさんはドッグスの事をとても応援してくださっています。今までは、町民の方とお話する機会があまりなかったのですが、今オフでたくさんお話を聞いて、僕が思ってた以上に期待されていることを感じました。

僕らが期待に応えるためには、優勝だなと思いました。

だからこそ、今年は優勝にこだわっていきたいと思います。

実は越知でのお食事では、越知町在住の吉田豊彦コーチとご一緒させていただくことが多かったのです。吉田コーチもまた、優勝を期待する言葉をたくさん耳にされてきたと思います。これまでの2年間で吉田コーチからは、リードの面などたくさんのことを教わってきていますが、うまくできていません。今年こそは教わったことをグランドで結果として出していかなければなりません。そして、お世話になっている吉田コーチが越知町の方々とさらに美味しいお酒が飲めるよう、優勝をしたいと思います。

今年もいろいろとダイアリーで書いていきますので、応援宜しくお願いします!

追伸、ラシィナくんが少し白くなりました。

ハンバーグケーキともらったビールとソース
ハンバーグケーキともらったビールとソース

オフシーズンの自分の誕生日に今までやったことないことをしようと思い、肉500グラムと玉ねぎ丸々1つを使用したハンバーグを作ってみました。ろうそくを立てればよかったかなと感じています。ラシィナくんが北海道に行ってしまったため、一人で食べましたが美味しくはなかったです。小さく作ったほうが上手に焼けます。


背番号22の浅野祥男です

Pocket

背番号22 浅野です。

だんだんと朝方に寒さを感じる季節となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

後期も優勝できませんでしたが、残り2試合は3位をかけた戦いになるので、諦めずに頑張って行きたいと思います。

さて、今回のテーマは「高校野球の思い出」ということで書いてまいります。

僕の通っていた宮城県泉館山高校は公立高校です。どちらかというと勉強の方に力を入れている学校で、全体練習は6時半終了が強制されていた時期もある学校でした。授業が火木の7時間授業の時は、練習スタートは5時でした。

練習環境は他の部活と兼用のグランドですが、幸いなことに毎日使用可能でした。ただ、ドッグスの強豪校出身者の話を聞くと設備や道具の違いに驚かされます。みんなの学校では、マシンもあり、ナイターの照明もあり、ボールも何十箱分もあるそうです。しかし、僕の学校ではマシンもナイターもなく、ボールも6箱くらいだったように思えます。

練習メニューも自分たちの現状を考えて、自分たちで決めた方がいいという先生の方針でしたので、他の選手が持っているような武勇伝は残念ながらありません。

ちなみに大学では、これらの条件をさらに3倍増しした、ある意味過酷な環境でやっていました。

ここまでの説明で、フツーの公立高校ということがお分かりいただけたのではないかと思います。

こんなフツーの公立高校でも、高校野球は楽しいものでした。

特に強豪校との対戦は、下克上をするような感覚でワクワクするのです。僕らは挑戦者ということで、失うもなもはなにもありません。ただ、相手は勝ってあたりまえという感覚です。

これは大学での話なのですが、1-0で僕らリードで迎えた最終回。打席に立ったバッターの膝が震えていました。「いつもコールド勝ちで堂々と球場にいるやつらが、俺らごときに膝ガクガクかー。まだワンアウトなのに」と思うとニヤニヤが止まりませんでした。心の中でですよ。こんなことが快感でしたね。

そんなチームの仲間たちとは、今でも会いますし、どんな形であれ、野球を続けてほしいという先生の希望通りに、草野球チームを作って大会に出ています。

高校野球の思い出というのは仲間たちと一緒にいる限り続いていくのかなと感じます。

吉田コーチにサンマとホッケを頂いたので
吉田コーチにサンマとホッケを頂いたので
寮の庭で焼きました!
寮の庭で焼きました!

 


背番号22の浅野祥男です

Pocket

背番号22 浅野です。

暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は、電気代節約で、クーラーを使わないかわりに冷感シーツというものを購入し、ちょっとだけ快適な夜を手に入れることができました。

(スタッフより) 無駄遣いをしない浅野選手は、貯めたお金でシーツだけでなく、野球用具を買って、自分に投資しています
(スタッフより)
無駄遣いをしない浅野選手は、貯めたお金でシーツだけでなく、野球用具を買って、自分に投資しています

もう少しで後期シーズンが始まります。

前期終了からの2ヶ月間は練習→オープン戦の繰り返しでした。平良さんとバッテリーを組むことが多かったのですが、吉田コーチにもアドバイスをいただきながら、試合毎にテーマを決めて取り組みました。

少しづつ改善されてきている点や、手応えを感じることがありました。また、反省点もでてくるのですが、試合でいろいろと試していけたことが良かったと思います。

僕個人の課題としては、スローイングとキャッチングを強化ポイントとしていました。

やはり、キャッチボールをしっかりとできるように意識して取り組む必要がありました。萩原コーチからは、昨年から「キャッチボールを適当にやっているやつにいい選手はいない」と言われ続けています。

ソフトバンク交流戦時に、キャッチャーの指導にあたっていた清水コーチからも「キャッチボールから常にミットの芯で捕る」とアドバイスをいただきました。

吉井さんといつもキャッチボールをしているのですが、力加減や足の使い方が、上のレベルの選手とはまだまだ差があると、やればやるほど感じます。

試合の中で活きてくるような、キャッチボールの技術をこれからも求めていかなければならないと思います。

さて、今月のダイアリーのテーマは『雨の日の思い出』です。

「雨」でパッと思い浮かぶのが、平良さんです。

昨年の平良さんはまさしく”雨男”。アイランドリーグは予告先発制なので、前日に発表されるのですが、平良さんが先発の日にはいつも雨が降ってました。しかも、小雨で試合ができる時はまだいい方で、大雨で流れたり、台風を呼び寄せたりしてました。

僕の部屋では

ラ◯ィナ「アシタセンパツダレデスカ」

僕「平良さん」

ラシィ◯「アシタ、アメ。シアイナイ笑」

とアフリカ人でもわかるくらい雨男でした。

そんな平良さんも、今年はいい天気で先発することが多く、ホッとしています。

ただなんとなく今年は、平良さんと同部屋の松本さんに雨男としての能力がうつっているのではないかと感じているのは僕だけでしょうか?笑

来月からの後期シーズンも勝てるように頑張っていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。

もずく(夕飯のノルマ)が嫌いなアフリカ人のリアクションを楽しむブラジル人
もずく(夕飯のノルマ)が嫌いなアフリカ人のリアクションを楽しむブラジル人

 


背番号22の浅野祥男です

Pocket

藤川さん入団に際して、番号変更を覚悟していたのですが、これからも背番号22 浅野です。

じわじわと暑くなってきておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

20日に行われた藤川さん先発のゲームは、本当にたくさんのお客さんにお越しいただき、いい緊張感の中でプレーができました。僕自身、改善できた点もあれば反省点も生まれたゲームでした。

ただ、一つ嬉しかったことといえば、ルームメイトのラシィナが初めてヒットを打ったことです。

今までは、スピードなどに慣れず困っていたようですが、ついにセンター前にヒットを放ちました。普段は「人のことを気にしてる前に自分を気にしろ」といわれているのですが、ラシィナの事となると他人事とは思えませんでした。

帰りに何を食べたいか聞いたら、「ラーメンオネガイシマス」と言ったので、ラーメン屋に連れていったのですが、イスラム教で禁止されている豚肉を気にしてチャーシューの入っていない野菜ラーメンを選んでいました。いつもは食べて「オイシイ、オイシイ」と言っているのに、この日は気にしてました。

さて、今月のダイアリーのテーマは『小学校時代の思い出』です。

このテーマですぐに思いだしたエピソードがありました。たいした話ではないのですが、当時の僕にとっては大事件でした。

あれは小学校1年生の時の事です。宿題で漢字のプリントが出されました。僕は従順な子どもだったので、宿題はすべてやる派でした。

その日ももちろんまじめに取り組もうとしたのですが、先天的なアホさが邪魔をして、あろうことか強風の中、朝礼台の上でやり始めたのです。本当に強い風が吹いていました。プリントが風でなびいてうまくかけません。ランドセルのふた部分を下敷きにしてやっていたのですが、手を離した次の瞬間、プリントが天高く舞い上がりました。

そこそこの風なら落ちてきたとは思いますが、なんとそのまま4階建ての校舎の上を越えていってしまったのです。漫画みたいなことが起こったと思って、みんなで笑いながら追いかけました。

これがこの日最後の笑顔でした。

当時、仙台ではなく神奈川県の相模原市立宮上小学校に通っていて、地図を見ていただくとすぐお分かりいただけると思いますが、学校のすぐ裏には川が流れていました。川の紹介の時点でお気づきの方もいらっしゃると思いますが、そのまさかが起こったのです。

プリントが川に落ちて、流れていってしまいました。

その時はほんとに「あっ…」という感じです。

担任の先生がちょっと怖いイメージがあったので、血の気がサーッと引いていくのが自分でもわかりました。

それからは、ずっとずっと腹痛でした。精神的腹痛に悩まされて、疲れ果て、その先はもう覚えていません笑

※よいこは室内で宿題をやりましょう

山下はキメ顔です(^_^;)
山下はキメ顔です(^_^;)